2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 全国有機農業の集いアフターイベント ☆スパイスから見えた、セカイノコト~カレーでで暑い夏を乗り切ろう!~☆ | トップページ | 桜の山農場の見学に行ってきました その2 »

2012年7月 9日 (月)

桜の山農場の見学に行ってきました その1

生活部会副部長(のひとり)、石井です。

先日7月1日(日)に、予定通り、三原市の桜の山農場の見学に出かけました。
前日から大雨が降り、当日の朝もザーザー降り…どうしたものかと思いましたが、
「どうしても行ってみたい!」という参加者の皆さんの念が通じたのか
到着する頃には雨は止んで曇り空。
よかったです~。

Dsc_0710

さぁ、農場見学が始まりました。
桜の山農場の坂本さん宅の前に、みんな集まっています。
何をしているかというと…。

Dsc_0718

桜の山農場の耕太郎さんから、自慢のキッチンの説明を聞いていました。
左端がもみがらを利用した自作のぬかくど、右二つがロケットストーブの原理を利用した
一斗缶キッチンコンロ(これも自作)です。
坂本さん宅では、3年ほど前にガスの契約を終了。
その後、毎日の煮炊きは、晴れでも雨でも、このキッチンを使われています。
どうしても!のときのために、充填式のプロパンガスボンベも用意されているそうですが、
この3年間で充填はたったの1回。4㎥で、充填1回3,000円程度だそう。
驚くべき光熱費の安さですね。
外キッチンの存在の大きさと、それを日常的に使いこなしている坂本さんご家族に
頭が下がる思いです。



Dsc_0705


Dsc_0703

3つのコンロのうち、一番重宝しているというぬかくどの構造を見せていただきました。
(ロケットコンロは、使い方としてはシンプルで優れているものの、
料理しながら薪を奥に差し込み続けなければならないので、
日常的な使い勝手ではぬかくどに軍配が上がるそうです。)

上が、五徳を外したところ。
ぬかくどは、オイル缶と、穴をあけた直筒煙突でできています。
オイル缶には外側と底に小さな穴があいていて、そこから空気を取り込みます。
直筒煙突とオイル缶の間にもみがらを入れて、煙突の内部で種火をつけてやると
オイル缶にあけた穴から空気を取り込み、もみがらが燃え、
煙突から炎が上がってくる…という原理だそうです。

Dsc_0721


Dsc_0726

上の写真が種火をつけたところ。
下が、炎が安定して上がってきたところです。
お米を入れた羽釜を効率よく包みこみ、いい具合に炊きあがるのだそうです。
坂本さんの感触では、最初からガンガンに強火で炊くのがコツなのだとか。
いいことをうかがいました。
(私は森のようちえんの代表をしていて、時々羽釜でごはんを炊くことがあるので^^)

ちなみに、桜の山農場では、天ぷら油の廃油で車を走らせています。

Dsc_0732

故障を避けるため、燃料となる天ぷら油はティッシュペーパーを利用して
細かな細かな沈殿物も取り除く必要があるそうですが、
そのときに使った油の染み込んだティッシュペーパーは
ぬかくどの種火をつけるのに再利用されているそうです。
全く無駄のない暮らしぶりに、一同感嘆の声をあげました。


キッチンと車、畑について説明をうかがったあと、桜の山農場の本丸、
豚舎を案内していただいて(別の記事で報告します)戻ってきたら、
ごはんがおいしそうに炊きあがっていました。

Dsc_0888


別のコンロでは、桜の山農場自慢のとんこつスープがいい具合に煮込まれています。
浮いている油をすくって火にくべると、ジャッと大きな炎があがります。
香味野菜と塩だけで味付けされるこのスープ、味を想像するだけでよだれが出ますね^^

Dsc_0881


Dsc_0885

ごはんを炊いたあとのぬかくどの内部です。
黒く燃えたもみがらは、蓋つきの缶に入れられます。
坂本さんちの缶は朽ちてきているので、空気が入って
くすぶってしまうこともあるそうですが^^;
密閉された空間でもみがら燻炭になり、
堆肥に混ぜたり豚の飼料に混ぜたりと無駄なく再利用できるそうです。
またしても感嘆!


以上、今回は桜の山農場の外キッチンと天ぷらカーについて駆け足でレポートしました。
私たちの感動が、できるだけたくさんの人に、できるだけ多く伝わりますように☆

« 全国有機農業の集いアフターイベント ☆スパイスから見えた、セカイノコト~カレーでで暑い夏を乗り切ろう!~☆ | トップページ | 桜の山農場の見学に行ってきました その2 »

05 広有研-暮らし部」カテゴリの記事