2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 第3回OCCオーガニックセミナーのお知らせ | トップページ | エゴマ栽培講習会・交流会・農場見学 »

2015年2月25日 (水)

参加者募集!3/8(日)ひとつぶから味噌づくりの会*手前味噌づくりワークショップ

お待たせしました!
ひとつぶから味噌づくりの会*手前味噌づくりワークショップ詳細です。

「ひとつぶから…」でみんなで育てたオーガニック大豆と
有機農園「むささび農園」の米麹を使って
有機農家の奥さまから農的暮らしの中で培われてきた
知恵と技を教えていただきながらの手前味噌づくり。
おしゃべりがてら、ぜひぜひおいでください★


場所:戸山公民館(広島市安佐南区沼田町阿戸269-3)実習室

時間:12時半集合、13時~15時

定員:農作業参加者定員なし、ワークショップ単発の方5名まで

参加費:1500円 
  ※ワークショップ単発の方は材料費+2000円(大豆1キロ・米麹1.5キロ)
  ※ワークショップ単発の方は、「ひとつぶから…」のオーガニック大豆1キロを煮たものと
    米麹1.5キロを準備しておきます。
  ※単発の方用の大豆を9時から実習室で煮ます。
    大豆の割り当てがある方で、実習室で一緒に煮たい人はどうぞ。
    普通に煮ると3~4時間かかるので遅刻厳禁。
     時短のため圧力鍋持ち込みもOK!

持ち物:エプロン、三角巾、ふきん、タオル、筆記用具、
     お好みの塩 大豆1キロに対して480グラム(ミネラル豊富な自然塩をおすすめします)、
     味噌を仕込む容器(大豆1キロ→5リットル以上入るもの)、
     大豆の割り当てがある人は茹でた大豆

大豆の割り当てがある人の事前準備:
①大豆を何キロ使うか決めましょう(大豆1キロで出来上がり約5キロの味噌になります)
②必要な米麹と塩の量を計算しましょう(大豆1キロに対し米麹1.5キロ、塩480グラム)
   →米麹を購入する場合は必要量をご連絡ください
③大豆を水洗いしてから、2日間水に浸けます。
  割ってみて、芯までふっくらふくらんでいればOK!
④やわらかく煮ます。普通の鍋で煮る場合は3~4時間程度を目安に。
  親指と小指ではさんでつぶれるくらいやわらかく煮てくださいね。
⑤水気を切って、持参してください。


申し込み: 2月28日(土)お昼までに…

お名前・連絡先(電話番号)をメール(satoyamanouen@yahoo.co.jpあて)でご連絡ください。
大豆の割り当てがある人は、必要な米麹の量を必ずお知らせください。注文します。
また、余分に大豆がご入り用の方は、1キロ700円で当日販売します。



<以下参考>

手前味噌を仕込む手順は、

①大豆の浸水
②大豆をやわらかく煮る
③麹を塩切りする(麹と分量の塩を混ぜる)
④大豆をつぶす
⑤大豆と塩切り麹を混ぜる
⑥味噌玉をつくる
⑦容器につめる

ですが、③以降は案外簡単。
大豆がやわらかく煮えていれば 大豆をつぶすのも大して大変じゃありません。
てーことは、①と②が実は一番のキモで、 なおかつ時間がかかる!!!のです。

« 第3回OCCオーガニックセミナーのお知らせ | トップページ | エゴマ栽培講習会・交流会・農場見学 »

05 広有研-暮らし部」カテゴリの記事